カードローン増額

MENU

カードローンの増額を賢く使いこなす 王道ルート

カードローンの増額審査に通らなかったという方へ

カードローンを長く使用していると、いつしか限度額一杯に達してしまうことがあります。旅行や急な出費などの際に困らぬように、限度額をアップしたい時にはカードローン会社に申請を行うことが出来ます。
会員ページや相談ダイアルなどで、増額審査を行ってもらうように申請を行うのですが、審査なのでもちろん通らないというケースも出てきます。さらに言えば審査の申請すら出来ないという方もいらっしゃるかもれません。これらカードローンの増額審査では一体どのような基準で合否を決めているのでしょうか。

カードローン増額審査ではここを見られている

カードローン会社もマニュアルに従って融資を行っているので、必ず何かしらの「指針」があります。これは会社独自のものから国の法律に従ったものまで様々ですが、限度額を上げたいのならこれらカード会社側の審査の指針を知っておく必要があります。

よく聞くクレヒスの意味とは

カードローンの増額審査で重要視されるのはなんといっても「返済実績」です。この言葉はあまり耳馴染みのない言葉かも知れませんが、要はあなたが実際にこれまでキチンと返済を滞り無く行ってきたという実績の積み重ねです。約束事や金銭管理に対する感覚は人によりそれぞれです。キチンと期限通りに返さなければ気持ちの悪いという感覚を持つ人。一日や二日遅れてもそれほど問題視せずに、楽観的な人。こうした人それぞれの「属性」をデータ化したのがこの返済実績です。「クレヒス」などという言葉で聞いたことがある人も多いでしょう。これは日常の人間関係の延長と捉えてもいい指標で、一度でも返済が滞ると一気にカードローン会社のあなたに対する信用は無くなります。

審査を行ってもらうには

最初に審査すらしてもらえなかったというケースを挙げましたが、これはそもそも審査に必要なデータが無かったというケースがほとんどです。つまり返済実績を調べようにも、まだ返済した経験が少ないので、あなたの属性をカードローン会社も知りようがなかったのです。この返済実績のデータの基準は6ヶ月と言われています。つまりカードローン契約から約半年間の時間が必要なのです。

借入金の割合で判断

また審査ではあなたの収入に対しての借入金の割合でも増額可能かどうかを判断します。一昔前まではこの基準が非常に曖昧だったこともありましたが、今では年収の3分の1以下の借入金というのが各社共通のラインになっています。つまりいくら増額を行いたくても、このラインを極端に上回るような額の借入枠はそもそも存在しないということになります。

増額を行うための確かで最短な黄金ルート

カードローン会社が増額審査で何を見ているのかを学びました。要は増額審査に通るにはこれらの審査基準をパスする必要があるのです。さてその方法ですが、裏ワザ的な手法は存在しません。先に挙げた基準を一つ一つ確実に満たしていくことが最短で確実な増額への道なのです。まず毎月の返済日には必ず間に合うように返済し、滞りなどは論外です。一度でも返済に遅れがあると増額はほぼ不可能だと思って頂いてもいいかと思いますので、この点は十分に注意してください。年収は増額可能ラインまですぐに上げるなどということは現実的ではありませんが、要はこのラインは国の定めたセーフティネットです。これ以上の借入は危険ですよと教えてくれるラインなので、無理な増額は諦めましょう。

 

これらの要件を満たせば、カードローン会社の方から「借入可能枠の増額お知らせ」などという連絡があります。ここで晴れて限度額をアップさせることが出来るのです。カードローンは非常に便利なものなので、人生の中では必要になるケースが多々あると思います。そのようなときに限度額がネックになることもありますが、以上に申し上げたことを踏まえて適切に審査に望んでください。